収納にはこだわりたい!注文住宅の収納はどれくらい必要か


ライフスタイルに必要な分の収納場所を造る

間取りや収納場所など、注文住宅を建てる時には自分の理想を取り入れた造りとする方がほとんどです。しかし、こだわりが強すぎて生活し始めた後の快適さを後回しにしてしまうと、後々から生活に支障がでてしまうことも。広い収納場所が欲しいということで大きなスペースを確保してしまうと、その分部屋の間取りが狭くなってしまいます。せっかく造ったのに使わなければ、収納場所が邪魔になってしまうこともあります。なので、収納場所を造る時には、必要な広さと、どの部屋に収納場所を造っておきたいかを確認してから造るようにしましょう。

家族の衣類をまとめておきたい時などは、大型のウォークインクローゼットが活躍してくれます。季節によっては使わない衣類を収納しておけるだけでなく、大切なものや、普段は使わない物の置き場所としても使用できます。家族と一緒に使用できるので、部屋の中ではなく廊下に配置すれば、通路としても活用できます。

くつろぐ為にも収納は重要

リビングや寝室はくつろぐための空間としても重要な部屋です。部屋すべてに同じ広さの収納を造るのではなく、くつろぐ場所に必要な分だけ収納を造ることで、物が溢れるのを防いですっきりとした空間にすることができます。また、靴や傘など物の出し入れが多い玄関にも収納場所を設置しておくことで、物を取りに行く時間を短縮できます。慌ただしい朝は玄関で持ち物の確認をすることもあるため、コートなど外出時に必要となる衣類を置いておくことで、出かける準備を玄関でまとめて行えます。シューズクロークといった余裕のある収納場所を造っておくことで、物が溢れる心配もありません。

愛知の注文住宅業者はアフターサービスが充実しています。屋根や外壁補修をはじめ、リフォームの相談にも対応しています。

You may also like...